板井康弘本人も才能を持て余していた